ABCsong

日記

uchu

2018/07/08 23:48
弦交換したてのギターで音を鳴らしていると「何か」が生まれやすい気がするからよく弦を張り替える。
コンビニにギターの弦(アコギ、エレキ共に)を置いてくれたらたくさん買うと思う。
ここ最近も、ずっと弾いて作って弾いて弾いての毎日
あんだかなぁすることもあるけど明るく過ごしている。

ただ、「あの頃」に戻ることはできないかなと思うことが日に日に大きくなっている。
あの頃どの頃の宇宙がまた見たい。みんなそうかもしれない。
そんなやるせなさをなんとかしようと曲を作って溜飲を下げる僕の神経を思うと、
自分の為の音楽、物事。だから楽しい毎日。
ここに今々がある。

スポンサーサイト



ふぁん

2018/02/28 13:19
ずっと前にも書いた話かな
僕は16の頃から寝るときに気持ち良い音を聞きながらする最高の睡眠に情熱を傾けてきた
趣味ってこういうことを言うんだろうな。
もう11年、気持ちいい音を探し続けている

小学生くらいの頃、リビングで家族とテレビを見たりのんびりしてる時間にふと寝てしまって、
いよいよ寝る時間だよと起こされるあの感じ
あの雑音が好きなんだと思う

https://youtu.be/eyjmQg2EZNc
巻きづめ治療、モノ造り系統の動画はアタリが多い



2016/11/05 01:55
引っ越しがしたくなり、夜中に掃除をしていた。

今の部屋に越してきてまだ一年くらいだけど、あんまりいい思い出はなかった。
思い返すとなんだか哀しいことばっかりだった気がする。

それでも昼間は陽の光が入ってきて明るかった、次に住む部屋もこんながいい。


掃除をしてると、ここに越してきた時のことを思い出す
一度も開けてないダンボールもある。
外に出てばっかりだった

この部屋でまともに暮らし始めたのってもしかしてここ2、3ヶ月かもしれない
外に出て仕事したりばかりで、寝るくらいしかしなかった。
次はもっと部屋で暮らす時間を大切にしたいと思いながら
引っ越すその時まではこの空間をもっと大事に過ごしたい。

引っ越すとどうなるかなあこの街にはしばらく来たくないかもなあ。



2016/08/31 22:07
もう三ヶ月も書いてなくてびっくりしている

僕の部屋は、暗闇で光る星のシールを壁、天井一面に貼っている
写真で撮ろうとしてもちゃんと映らないので夜寝る時部屋を暗くした時だけ楽しめる
それもそんなに強い光でもなく蓄光のものなのですぐに光は弱くなっていく

これを見るのがすごく楽しい
ああそういえば小さい頃にこういう部屋が作りたかった
こういう夢を見ていたしこういうのが好きだったなあと思うと
なんて幸せなんだろうか
僕はまだ子供だなあ



おとしもぬ

2016/05/11 21:05
もちろんわかってるんだ、届けることがいいことなのは。
でもやっぱり落し物はそのままにするべきだと思う。
落とし物に触れちゃいけないって法律を作ったほうがいいんじゃないか、とも思うけど、ゴミと落し物の区別も難しいしなあ。

でも僕らは落としたものを探すのに下を見るし、きた道を戻る。
落とした付近のコンビニとか食べ物屋さんとかにはまず尋ねないし、交番だって最初には行かないんじゃないか…
そんでもってベンチとかガードレールの上とかは目立つようでいて、探すポイントとして候補に上がんない気もする、置いてくれるのは優しさだとしても…

落とした人の事情はわからないもんな。遠くに住んでる人なのかもしれないし、人生で一回目、たまたま通った道かもしれない。そしてもしかしたらいつも通ってる道の可能性も…

でも僕は落としたモノはそのままにしたほうが行き違わずにも済むし、早く手元に戻るんじゃないか、と考える
これって、僕が人のことをまず信用してないってことなのかな。”人は落し物を交番に届けるなんてこと、まずやらない”って考えているからなのかもね。

交番にも届いてないし道にも見当たらない
悪い人に盗られてないといいなあカギ



Home