ABCsong

日記

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



11

2013/01/26 15:22
掃除中、2011年のログブックが出てきた。
2012年のものもセットで見つけたので両方中身を改めていると、なんと2年前の1月のことでもハッキリ覚えているもんだ。

日記ではない。その日何があったか、何を見たか、何を思いついたか、どんなものに熱中していたか、等
僕のそれには食べた物や買った物やランニングの時間まで、とにかく色々を記しておくものだ
無印良品のスケジュール帳を買ったことがきっかけでなんとなく書き続けていたのだが
結局今まで日課になっていた所を見ると僕もなかなかやるじゃないか

そもそもこういうものを「ログブック」と呼んでいいこと自体最近まで知らなかったんだけど(スポーツ用語ではありますが)
やっぱりこれはすごく楽しい。
弱音や夢の内容、借りた映画の評価ももれなく載っている
最近見直してめちゃくちゃ良かった映画が「△」とかになってたりすると
思わず笑ってしまう
やっぱりこれはすごく楽しいものだ。

適当なモノだと思っていたからなのか、日常の中にすごくすごくライトに溶け込んでくれている
2015年くらいまで揃ったら面白そうだ
掃除に戻る



スポンサーサイト



2013/01/17 02:35
ああ見えて○○は歌うまいとか、こう見えてしっかり作られてるみたいなことで
価値を改めて確認してもらおうとする行為がある

本来はああ見えたり、こう見えたりしちゃいけないんだよ
これははっきりといけないことだ
そんなフォローを入れさせてしまうのは悲しいことだ

それはあくまでフォローだ、慰めだ
結果出てくるのが褒め言葉になっているとまた、君と手を繋いで歩いてはいない事実をこちらに教えてくれている



文化祭回

2013/01/16 01:21
アニメの8話~10話あたりに漂う文化祭回感。
僕も多く見てきたワケではないけどなんだかそういう印象が強い
特にライトノベルのアニメ化作品でよく出くわすように思う

しかし文化祭回は荒れる。それはもう大荒れに荒れる。
キャラクター達をどうにも応援せざるを得なくなるんだ
皆のことが分かってきた後半、12話や13話手前、落としどころ直前に爆発させられるとどうも苦しい
嫌な言い方をするならば上手に作ってるなあと思う

はっきり言って何も面白くはないし何にも面白くもない。だけど恐ろしく楽しい。
ドキドキしてしまうと、ああキャラクターと過ごしてきたんだと思い知らされることも多くある
ここには嫉妬とか失恋とか「負」であることのほうがくすぐられたりする
悲しいながら実は嬉しい。そんな嫌な感情をひっぱり出されてこれまた悶えさせてくれる

僕らは結局「切ない」に滅法弱い
こうなると文化祭なんていう切ないものばかり食って成長した化け物に勝てるワケがない
教室制服夕方自転車校庭チャイム黒板放課後ブラスバンド部etc
グラグラな時間はとても限られている

それと最終的にどのキャラも好きで好きでたまらない
そりゃそうだけど、みんな悩みや考えを持って動いていたことを僕らは知ってしまっているからだ
だがこれが一番の問題なんだということをもっと声高に言いたい




2013/01/12 08:24
昔の僕よ
冷たい牛乳でサッと溶ける粉、それがココアだ!そう思ってはいけない

世の中にはなんだか目の細かいココアがあるぞ
ためしにそのまま冷たい牛乳なんて入れてみれば、スプーンもむせるぐらい煙たい液体ができるぞ!

おまけに甘くない。これに関しては薄々感づいているだろうけど、そうだ、そう甘くないぞ!
砂糖を買って入れなければならない
めんどくさいけど原粉と混ぜな

あとやっぱり温かいとよく溶けるんだ
すごく美味しくなるスピードが速いよ

人生とは全く関係はないのだけどいろいろを知っておくべきだ



2013/01/12 08:08
皆思いついた冗談を誰かに聞いてほしいのだ!
最後には何かを共有して一緒に笑いたい、確かにインターネットの掲示板は賑やかだ
僕と同じで、やはり楽しいのが一番好きなんだ

今一人で部屋にいる写真を、十人が百人に向けて発信する
大勢が大勢を守る

話は変わって、身内ネタとは素晴らしい
一つのグループの中で「現在最も旬なネタ」をたくさん、もしくは少数の仲間達で味わう
それはいつ食べても美味しい。飽きた頃には別の素材で新しい料理が出来ていたりもする

更に時間が経てばなおいっそうだ
懐かしい味わいには、経験によって別の発見もあることでしょう

20年後には僕も頬だけでなく、目からウロコを落としオチまでつけてお送りしたい次第だ
でもそれはすごく難しいことなのかもしれないが、それすらもよく分からない



2013/01/10 21:59
寒い日が続く
さて去年暮れ頃から、室内で靴を履くというスタイルを発見した僕
靴下よりもエネルギーを得た気がするのは、おそらく床が鳴ることによって
今動いている!と感じられるからだと思う。
千円くらいで買ってきた安いものだか、これがなかなか調子がいい

室内で、靴下ではない足へのアタッチメント。
おまけに当たり前だが当たり前ではない、靴の使用
これはなんて斬新な発想だ!

しかし日本でスリッパが幅を効かせてことを忘れていた!
しかしスリッパより身体の一部のようで気持ちがいい







Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。