ABCsong

日記

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



LIQUID GLASS

2015/11/03 20:49

涙が落ちて歯車が回る
今でも変わらずに紺碧は暖かい
響く泡の音色で狭くなる左脳が
外せない鼓動を動かしている

懐かしむように海面を見上げて
ここにあった何かに言葉を贈るよ
それで?流れる粒に寝息を重ねている
少しの間違いを気に病んだまま

どんな些細な時でさえ確かにそこにいた
積もった水の数だけ輝いていたっけ
戻らない日のことばかり思い出してしまって
その瞬間に生きるのを忘れていたような

何をしても頭を離れない
失くせないままの波浪を大好きな灯りを

また燦ざめく命に嫌われているようで
本当を恐れていつかに投げた
煌めいたあの夜空をまだ愛しているように
代え難い何かに包まれていた

冷えたと思った心でも確かにそこにいた
出会った想いの数だけ苦しんでいたっけ
いつか襲う未来ばかり想像してしまって
湖面を揺らす風にも怯えていた

逆さまにしたような毎日の中で
やっぱり悲しいなんて
その先の傷が怖くて何一つ
できずに落とした日々が溶けて混ざる

こんな世界の隅ですら時を刻んでいたんだ
過ぎ去ったまんま消えたあの大切な昨日も
一人になって残った空を貪る夜だって
明日弾ける泡の音を夢に聴いて

どんな些細な時でさえ確かにそこにいた
積もった水の数だけ輝いていたっけ
戻らない日のことばかり思い出してしまって
その瞬間に生きるのを忘れていた

もう二度と会えはしない今だけを

スポンサーサイト



← タイトルなし | Home | タイトルなし →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
← タイトルなし | Home | タイトルなし →
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。