ABCsong

日記

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2016/08/31 22:07
もう三ヶ月も書いてなくてびっくりしている

僕の部屋は、暗闇で光る星のシールを壁、天井一面に貼っている
写真で撮ろうとしてもちゃんと映らないので夜寝る時部屋を暗くした時だけ楽しめる
それもそんなに強い光でもなく蓄光のものなのですぐに光は弱くなっていく

これを見るのがすごく楽しい
ああそういえば小さい頃にこういう部屋が作りたかった
こういう夢を見ていたしこういうのが好きだったなあと思うと
なんて幸せなんだろうか
僕はまだ子供だなあ
スポンサーサイト



← タイトルなし | Home | おとしもぬ →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

私の部屋にその星があったのは幼少期の頃。暗いのが怖い私のために姉が私と母の部屋にその星をぱらぱらとはってくれました。くっつき虫で貼られた星は時々地上へと落下するため母には大不評。今、その部屋は真っ黒になって星一つ輝いていません。
長い長い年月が過ぎて、母と一緒に寝なくなって、毎日疲れて帰ってくるようになって、いまでは私の部屋に星が輝いていたことなんて想像がつきません。
その星たちは私の部屋の役目を終えては中ちゃんの部屋に移り住んだのかもしれないです。それはあんまりにロマンチックですね笑

一つの思い出を思い出させられました。



Re: タイトルなし

本当にいい思い出ですね。
子供の頃にこの星に会えるのは素敵なことだと思います。
引っ越しを考えると悲しくなります、明日も頑張ろうと思います、



Trackback

Trackback URL:
← タイトルなし | Home | おとしもぬ →
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。